So-net無料ブログ作成

大好き [ ~想]

夏の想い出も秋色に染まり始めました

  
↑人気blogランキングに参加中。 クリックお願いします。




『大好き』


気付かずに消えていった恋もあれば

こうして気付けて抱きしめていれる愛もある

投げ捨ててしまった欲望は

明日に跳ね返ってまたいつか目の前に落ちてくる

いきなり失ってしまうことなどないと信じたいけれど

失ってから気付くことの方がきっと多いから

だからね

たった1つのこの僕の瞬間、君の瞬間

ありきたりだろうけどフツウの空間

今という時間に溢れるものに

言えるだけの大好きを言おうと想った

【大切なものを大切と叫ぼう 大好きなものを抱きしめよう それがきっと生きるということなんだ】


my faith [ ~想]

上手にやろうとしたらダメ、わかってるんやけどなぁ。。。。w
 
 
↑人気blogランキングに参加中。 クリックしてくれたらうれしいです。



『my faith』


守りたいものがあるんだ

だから僕は譲らない

手にしたい今があるんだ

だから僕は歩きたい

取り戻したい未来があるんだ

だから僕は倒れない

辿り着きたい場所があるんだ

そこにあるんだ

だから僕は・・・叫び続ける

この声は届くだろうか?

僕の明日に届くだろうか?

君の明日に届くだろうか?

【カッコいいかカッコ悪いか楽しいか楽しくないか 僕はそれだけで動くネジ巻き人形】


甲子園いいですね。w

高校生の時、応援団の時目指していたあの日を思い出します。
10年経って後輩たちが甲子園に連れて行ってくれた時には
スタンドで応援させてもらって
勝利の校歌を泣きながら歌ったのもいい思い出です。

いつも思うこと。負けたらやっぱり悔しい。
やりきったなんて自分に言い訳するより悔しさを抱いて立ち向かう方が
きっといい。

おいらは諦めの悪いネジ巻き人形です。w


ともに生きるということ [ ~想]

久しぶりのお休み終了。さぁて明日からまた頑張るで~♪
 
 
↑人気blogランキングに参加中。 クリックしてくれたらうれしいです。




『ともに生きるということ』

手をつなごう

そっと額を合わせて

キスをしよう

声を嗄らして

大好きだと叫んだ

指を絡ませて

微笑みあおう

見えない時間に

互いの背中に懸命に

そう

ともに生きるということ

汗をかくこと

抱きしめよう

受け止めよう

信じれる自分でいよう

思いやろう

とまどいも憂いも

愛情の向きも

心根の向きも

変わらないことに

変わりゆくことに

心流される時も

互いが互いであることを

ともに生きるということ

そう

覚悟と決意の中で

優しい眼差しと

真摯な想いで

景色を重ね合わせたら

キスをしよう


ともに生きるということ

君の笑った顔が好きだよ・・・

【僕は僕らしくしか生きられないそれを君が憂うなら君が君らしく生きることを僕は希もう君の横で】


解夏を観ました。

解夏

解夏

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2004/07/30
  • メディア: DVD

 

 

いつものごとくストーリーには触れません。評論家にはなれないなぁ。。w
「ともに生きるということ」について考えました。

自分なりに希むしあわせ。
自分なりの形。
人それぞれが望むしあわせ。
人それぞれなりの形。
降ってきたまんまの言葉をディスプレイに
落としました。

「ともに」の中に笑顔があればいいな、そんな風に
思ったりします。
今を行きながら
たられば話に花が咲き出したら
きっともう立ち止まっている証。

受け入れると受け止めるの大きな違いにも
色々と。(またいつか別の時に綴りましょう・・・

パールハーバーも観ました。
戦争ほど残酷なものはない、戦争ほど悲惨なものはない。
あらためて、そう想いました。

パール・ハーバー 特別版

パール・ハーバー 特別版

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: DVD

myself [ ~想]

相変わらずがいいのか悪いのか、いいと信じて頑張る日々です。w
 
 
↑人気blogランキングに参加中。 クリックしてくれたらうれしいです。




『myself』


あの夜

僕の目の前で横たわっていたのは

素っ裸の僕だった

逃げる場所も見つからず

涙さえも流せず

そっと道の隅に横たわっていた

 

もう何も見えないまま

もう何も感じないまま

 

あの頃から

この足が赴く世界の行方を

躊躇いと憂いの中で信じようとして

この手が握り締める明日の輝きを

苦しみと弱さの中で守ろうとした

 

勇気という名のヤケっぱち

優しさという名の嘘っぱち

 

ねえ 君はどこにいるの?

涙も流せない僕が叫んだ

逃げる場所さえも知らない僕が叫んだ

 

あの日・・・

本当の勇気も知らずに

優しさの意味さえも気付かずに

こうして流れる涙を

否定していたんだ

 

君に見える僕を教えて欲しい

君の膝で眠る僕を教えて欲しい

君に見える素っ裸の僕は・・・・・

 

涙も流せずに心で泣く君へ

逃げ場所に彷徨い逃げることに迷う君へ

捧げる僕の弱さ myself ・・・

【自分自身-何もかもがそこから始まる、何もかもそこからしか始まらない】


おいらはとても前向きでとても強くていつも笑ってる。

その通りだ。

いつも少し高めのテンションで過ごしている。

そんなもんだ。

そんなおいらが「強さ」や「優しさ」、「勇気」なんかを

頑張れという言葉に乗せる時には

おいら自身の「自分の弱さ」と向き合う強さを探したりします。

誰もが決して強いわけではないことを知る。

それでも誰もがきっと生きる強さと喜びを心根に持っている、

そう信じることを知る。

そして自分の言葉の無力さに気付きながら、向き合いながら

言葉を届ける「君」という存在自身を信じる。

おいらも強くない。

それを知ることから強く生きる意味を知るのかな?w

何か出来るとは想っていない。

何もしないなんて出来ない。きっとそれだけ。


というか、

やばい、この文章はまとまらないです。。。(というか答えを知らない。w)

ということで、今日もぐびなま。(結局これか。。。w)


本格的な夏商戦。いろんな意味で勝負です。皆様よろしくです。(笑)


いつの日か、という今日 [ ~想]

 コメントバックが完全に遅れてます。ちょっぴり更新で精一杯中。呆れずに見て下さいませ。
 
 
↑人気blogランキングに参加中。 クリックしてくれたらうれしいです。



『いつの日か、という今日』


いつの日か

僕の言葉をあなたのメロディに融かしたい

降り積もる雨模様と

車のクラクションに揺れながらの道

僕は

いつの日か、という今日に

想いを馳せるんだ


「ただ あなたの笑顔を見たいだけ」

初恋の人がくれた擦り切れたTAPE

スタートラインの上は過去で

引き寄せる夢の破片が未来のA piece



抱きしめた分だけきっと 強く想えるから

 

いつの日か

僕の言葉であなたのメロディを彩りたい



消えていくような日々

泡のような出来事に流される弱さも

僕は

いつの日か、という今日へ

光を探すんだ


「哀しみと歓びの波間に・・・」

そう流されない夢を抱ける今を I KNOW

伏し目がちな日々も真実

それでも僕はただ愛を語りたいと願うんだ



綴りゆく言葉の分だけ優しくなれるから



いつの日か、という今日

そう

いつの日か、という今日

伸ばした手のひらの

ほんの少し先にあるありふれた今日

ありふれた幸せの果て


【いつの日か、という今日 それは紛れも無く今と繋がっているんだ】


ライブに行ってきました。
佐藤竹善ライブ。。。いやぁサイコーな3時間半でした。

誕生日の日に大阪でやるイベントライブ。
いろんなゲストが来ていつも楽しみにしています。
今回は10周年。2daysでした。
行ったのは火曜日の2日目。
詳細は竹善さんブログへ ⇒ コチラ

とにかく盛りだくさん。
いきなり1曲目のクアイアの中にSKOOP ON SOMEBODYの3人。
シークレットゲストかと思いきや違って
2日目のシークレットゲストはスキマスイッチ。
しかもスキマスイッチの最後の曲では
初日のシークレットゲストだったコブクロが見に来ていて
客席から出てきてぶっつけ本番で全力少年を歌う。
(そして客席に戻るwww)
後ろには塩谷哲のピアノと大儀見元のパーカッション。
舞台袖には佐藤竹善。
なかなか見れないでしょ?

もちろんそれ以外にもあらゆるアーティストが
化学反応コラボ。
とにかく
ミュージシャンとして楽しく生きて愛されている
そんな竹善さんを感じました。
おいらも何歳になっても楽しい仲間と過ごしたいなぁってね。
そんな風に思ったり。w

一番のファンキーな発見はリクオのピアノ。
ロックンロールなピアノと独特の世界観にやられました。
あとアンジェラ・アキもよかったなぁ。。。

とまあ、
そんな盛りだくさんの3時間半を過ごしたのでした。
アンコールで歌ってくれた「With you」は
おいらが初めて聞いたシングライクトーキングの曲。
10年前に友達にもらったTAPEに入っていた曲。
何だかうれしかったなぁ。
結局やっぱりおいらは好きだから言葉を綴るんだってことも
改めて(いつもやけど)大切に思えた夜でした。

さて次のライブは今月末。
横浜へ、素敵なJAZZY夫妻(当日まで誰かは内緒だw)に誘われて
お二人がよく行くライブハウスへいっしょに。
それから6月は大阪ブルーノートへ塩谷哲ライブ。。。

仕事は変わらずバタバタですが、それもまたきっと
ライブを楽しめるエッセンスなんだろうな。w

 

追伸・・・・1個前の記事に写真を追加しました。


あの頃見ていたもの、そして今も・・・ [ ~想]

コメントバックが完全に遅れてます。ちょっぴり更新で精一杯中。呆れずに見て下さいませ。
 
 
↑人気blogランキングに参加中。 クリックしてくれたらうれしいです。



『あの頃見ていたもの、そして今も・・・』


あの頃・・・・

まだまだ空は青かった

僕らが

見つめていたものは

どこ彼とも無く溢れる無限

好きだからと

ただそれだけで

その全てだけで歩けた夢道


雲は自由だった

そして今も自由なんだ

緑の木々を

移ろう景色の赤色を

薄紫の夕暮れに

漆黒の闇に光るゴールド

まばゆい真白

恐れも怯えも知らずに歩む綴り道


どうなんだい?

変わりゆくというのに

変わりゆくことを誰もが知るのに

本当にそうなのかい?

あの頃見ていた

空は

今もまだまだ青いだろう?

雲はどうだい?


誰が決めたんだい?

ほら

自分の胸を拳で叩く想い道

続くのは

誰のものでもない僕の道

【あの頃見ていたもの、そして今も・・・好きだから それだけでいいじゃない】


ゴールデンウィークの5月4日。
ひなぐまさんに頂いた「明日の記憶」試写会の招待状を胸に
有楽町の読売ホールへ行ってきました。
ひなぐまさん、本当に本当にありがとうございます。

もともと去年読んだ本の中でも、小説ではベスト3に入る
明日の記憶

明日の記憶 

 

 

 

 

おいらが持っているのは、この表紙じゃないないんですけどね。

とにかく景色の1つ1つがとても印象的な小説だったので
期待値大でした。
映画、かなりよかったです。ぜひとも原作読んでいってください。
誘ってくれたら一緒に行きますよ。w
素敵なラブストーリーです。そして色々考えさせてくれます。

しかもいつも見ている「ほぼ日刊イトイ新聞」主催。
映画終わりには、糸井重里さんと渡辺謙さんのトークライブも。

2人の初対面でのトークライブ。
ほぼ日刊イトイ新聞」で
メールでの書簡的なやり取りがあって、その続き的な対談。
ベンチを用意して横に座りながらのトーク。
糸井さんらしい演出も相まって素敵なトークライブでした。

表現者として・・・・・、そういうくだりの話の時は
とてもズシズシきました。
好きでね、遊んでるみたいなもので、生きるってコトで
ああ
そうやねんなぁ・・・って、そうなんよって、ね。
大好きで、うれしくて楽しくて、シンプルで単純でね。

自分のルーツとかスタートとかはいつも意識します。
それは自分自身を確認する作業でもあるのかな。
例えば、これ
あとは、カテゴリの
散言詩文~想」はルーツ的な要素があります。

ともあれ、
おいらも表現者でありたいと切に願った
そんな素敵なスペシャルデイでした。
ひなぐまさん、ありがとうございました。


そうなんだ [ ~想]

   
↑人気blogランキングに参加中。 クリックしてくれたらうれしいです。



『そうなんだ』


そうなんだ

君が微笑む

なんでもないささやかな時間

きっとそれが

紛れることのない

大切なもの


そうなんだ

僕はいつも

くだらないことに打ちのめされるけれど

声が響く

触れることもままならない瞬間

きっとそれが

掛け変えることの出来ない

本当の・・・・

【本当のことは何気ないことの中にこそあるのだろうと知る】


こんな風な写真も撮れるんですね。
少しだけ測光ですか、いじって撮ってみました。
(効果あるのかな?)


昨日は手羽先を、
今日はしゃぶしゃぶを食べました。w
昨日は飲み過ぎて、
今日は食べ過ぎました。(当分、牛肉いりません)

昨日はお昼過ぎに会社に行き、
今日はお昼過ぎに会社に行きました。(同じ)
昨日は2週間ぶりにカメラで写真を撮り、
今日は2週間ぶりに。。。。ということがありませんでした。



本当にいつも同じことばかり書いていますね。w
降ってくる場所がおいらなので、しょうがないのですが
それでも
たった1つのささやかなありふれた言葉に
たった1人きりの誰かが幸せを見つけてくれるなら
とてもうれしい気持ちです。
気がつけば、
おいらはいつもそんな風にして言葉を綴ってきたし
これからも同じなんだろう、そう思います。

昔の言葉綴りを読んでくれたら足跡を残してくれたらうれしいです。

裏側 [ ~想]

  
↑人気blogランキングに参加中。 クリックお願いします。



『裏側』

ねぇ

あなたの声を聞かせてくれませんか?

嘘でもホントでも

構わないから

笑顔を向けるその奥に

いったいどんな裏側が隠れているんだい?


突然

刃を向けられる

気付いたら

背中に突き刺さる矢に気付く

抜いたらオダブツだ

吹き出る血潮に

僕は倒れこむしか選択肢を探せなくなる


ねぇ

あなたの瞳には

いったい

どんな感情論が映っているの?

発した言葉の意味と

心に心が振り回される滑稽さ

ふりまく笑顔をひっくり返したら

首がねじれるの?

裏側にヘドロ?


鏡に写る自分に

古びた自分に

さめた視線を投げかけて

僕は聞いた・・・

「大切なもの、失っていないかい?」

【見つめてみる そこに在るのが自分の望みどおりの自分でなくてもね】


信じている人から感情論で物事をぶつけられる。
正直、凹むものです。
笑顔の裏側にあるのは、本当になんなのでしょうね。。。w


さて、トリノオリンピック。
荒川選手、きれいでしたね。
いろいろと苦しんで
いろいろと悩んで
いろいろと夢を見て
つかんだ集大成なんでしょうね。
最後の最後にヒーローやヒロインに輝くのは
嘘っぱちを超えたところにある美しさ
そんな気がします。

カーリングの選手たちにも感動したり。
小野寺選手が結構好みだったりします。w

メダルを期待されたり
自分たちのためが
自分たちのためだけでなくなる時
どんな想いと
どんな気持ちで異国の地に立つのでしょう。

期待通り、
期待外れ・・・・。
誰も笑うことのできるはずもない懸命さで
自分らしく
自分に甘えることなく
自分を見つめて生きていけるか、なのかな。。。
ただ楽しくでもなく
闇雲にシャカリキなのでもなく
素直に「楽しい」と笑える、そんな感じ。

そうそう昨日、やっとこさ新体制の発表。
自分がどうなるかをやっと聞きました。
仕事がバタバタ過ぎてなかなか余裕がない日々の中で
あっけなく告げられた感じでした。

明日の夜は心地休み。
ほんのり楽しく過ごせたらいいな。よろしく久保田 万寿♡


灯火 [ ~想]

 
↑人気blogランキングに参加中。 クリックお願いします。



『灯火』

それはまるで

耳朶にさんざめく

そんな声

雑踏の砂埃とビル風

雑に繁る音の中で

小さなナイフを掲げて

少年は叫んだ・・・

 

「あなたは何をお探しですか?」

 

ワインを少々

そう

鉛色のワインを少々

飲み干したら

にやりと笑うその手で

少女は

禿げた頭を

粉々に打ち砕いたんだ

 

「お前は何を探していたんだ?」

 

自分の心を縛り

レイプするように

重い足取りの見えない影を踏む

黄色い蟷螂が

街角でにやりと笑う

それでも

彼は

脳天でそっと光るんだ

優しくも照らさない

けれど

真っ暗闇にもすることはない

そうだね

灯火は

今日も点る・・・・

【その叫びは木霊になって消えるだろう でも叫べばいいんだ その事実は消えないから】


2月が始まっています。(会社が決算なので何かとお安くしていますwww)

それはさておき、1月は飲みすぎたので
2月はおとなしくと思いつつ・・・・

1日は地震で家に帰れなくなってホテルで缶ビールだけと
いい感じでスタートしたのに
2日には、ここでイタリアンを戴き、
おいしいワインを3本ほどあけて(5人だったのでそれほどでもないけれど)
2件目は銀座のバーへ。
「すずの樹」というお店。
鈴木トーマスさんというマスターが各国の軍服で迎えしてくれます。
いうなれば70年代80年代のノスタルジーバー。
同世代のマスターと初めてなのに音楽話や楽器話で盛り上がり
気がついたら2時半・・・・(とほほ)
昨日(3日)は新宿で飲んで下北に行って飲んで
朝の5時。
飲んでくれた皆さん、ありがとうね~楽しかったぁ♪
ともあれ
家に着いたのは朝の7時。(激寒かったです)

わっはっは。。。2月も順調に飲んでます(爆)


今日は鍋パーチーなので飲み決定。
しかも家で飲むので時間も寝るところも気にせずに。。。
まあ楽しくいこう♪

今朝ふと降ってきた言葉たち。
赤く激しく燃える炎よりも
そっと青白く点り続ける灯火でいたいです、おいら。


見上げた空は [ ~想]

僕は今

佇んでいる

そう

佇んでいるんだ

街の雑踏

心の葛藤

気付かされるちっぽけな自分

遠い空の向こう

小さな瞳で

それを見ている

それもまた僕自身

 

手を伸ばすことは

足を進めることは

決して無意味じゃないことを知るはず

 

鏡?

 

手が悴んでいる

足が棒になっている

どこかで言い訳を作る事実を知るんだ

 

だから僕は今

佇んでいる

そう

佇んでいるんだ

変えようのない現実の狭間

見えている波間

気付かされるのは溢れている自分

僕の上の空

足を大地につけながら

見上げている

それもまた僕自身

【なんやねんくそぅ!思いながらこの手を広げてみたら ほら飛べる気がしてくるでしょう?】

人気blogランキングに参加中。

 

今年もクリックお願いします。


ここのところバタバタでした。
いやぁ、、、どうなっていくことやら・・・そんな感じの今です。

少し前にも書いたのですが
「ダイジョウブ 君の上の空も世界の真ん中の空」
この「世界の真ん中の空」という言葉は
17歳か18歳のときに
学校の文化祭のテーマ曲の詩の原案を後輩に頼まれた時のもの。
どんな人にも
空は必ず広がっているもの。
気付くのも気付かないのもきっと自分ですものね。

そうそう
商談でお出かけも多かった今週。
オーディオ系のメーカーさんとカメラのメーカーさんに
お出かけしました。
カメラのメーカーさんで
春の新商品のデジタル一眼レフを見せられ
ちょっと欲しくなってしまいました。(携帯写真にこだわりつつも・・ね)
だって今までの一眼レフではできなかったことが
できていて
思わず欲しくなりました。。。
 (これ以上は今月末の発表を待ちましょうオリン●スさん)

それから夜にオーディオ系のメーカーさんと会食。
そこね、
ビルの最上階にバーがあるんですよ(笑)
これまたかっこいいのです。
久しぶりに普通に働きたくなりました。w
だってバーが・・・・あるんやもん。
ともあれ
6時にお伺いして商談 ⇒ 会食。
気がついたら上野で2時半でした(笑)
翌日に大事な
「臨時ほにゃらら総会」なるものが仕事であるにも関わらず
楽しくて楽しくて。。ついつい。。
バタバタの中のささやかな一服タイムでした。

さて
外は結構な雪なのですが
今日もお仕事にお出かけです。


メッセージを送る